【暮らしの教室 特別教室】岡部友彦「コトづくりからまちづくり」

日時:3月10日(日) 17:00~19:00

料金:1500円

こちらは申込を締め切りさせていただきました

 

ゲスト講師:コトラボ合同会社 代表 岡部友彦氏

 

日雇い労働者のまち、高齢化著しいまち、横浜寿町。
日本3大ドヤ街として有名であったこのまちは、「ヨコハマホステルヴィレッジ」の開設とともに大きく変化しました。

まちのイメージは改善され、若い女性や外国人旅行者、学生などが宿泊施設として利用するようになり、新たな雇用の創出され、多世代・多人種との交流等を生み出し、街の再生が図られました。


今回はコトラボ合同会社代表で、ヨコハマホステルヴィレッジを手がけられた岡部友彦氏をお招きし横浜寿町で行っているまちづくり事業の紹介していただきます。

地域の資源を活用し、まちに新たな人の流れを創りながら地域の元気づくりを行っており、行政に頼らず事業を行いながら活動資金を捻出する形で持続的な活動を行っている、逆に言えば事業を通してまちづくりをしているという好事例です。


※終了後、酒屋の奥の座敷が飲み屋になるという大磯には珍しい
ディープスポット「飯島酒店」(徒歩5分程度)にて岡部さんと交流会をする予定です。
こちらにも参加できる方はこちらもどうぞ。(飲み物込みで3000円程度) 


岡部友彦

1977年生まれ。
東京大学大学院建築学修了。
2004年、横浜にてFunnybee(株)取締役を経て、2007年、コトラボ合同会社設立。
2005年より外国人ツーリストを呼び込み地域活性化を図るプロジェクト”YOKOHAMA HOSTEL VILLAGE”を実施。
2008年、横浜文化賞文化・芸術奨励賞受賞
2010年、横浜で関内フューチャーセンターを運営する関内イノベーションイニシアティブ株式会社取締役に就任