3月17、18日 【あそびの教室】 参加費無料 廃油でキャンドルをつくろう!

東日本大震災の影響により、輪転停電がしばらく続くと予想されていますが、家電店へ行っても懐中電灯や電池が売り切れているような状況です。
そこで、いざという時のために、廃油にてキャンドルをつくりませんか?
一度作り方をおぼえれば、あとはご自宅で簡単にキャンドルが作れます。

 

 

今回のキャンドルは空き瓶を利用します。

理由としては、以下になります。

・ローソク単体よりも瓶で作るキャンドルは倒れにくくより安全であること

・瓶のふたを閉めておけば保存もでき、持ち歩くにも容易であること

・簡単作れることを知っておくことはいざという時には便利だということ

 

なお、いっぱい作ってどこかに寄付したい!

などお考えの方も是非ご参加ください。

できる限りご協力します。

参加費は無料です。

 

 

なお、今回は「めしや大磯港」さんが趣旨に賛同し、

廃油を提供してくださいました。

めしや大磯港さん、ありがとうございました。

 

 

日時:3月15日 11時~(終了しました)

   3月16日 11時~(終了しました)

   3月17日 11時~

   3月18日 11時~

 

場所:oiso1668 3F

主催:NPO法人 西湘をあそぶ会

協力:大磯町漁業協同組合(めしや大磯港)

参加費:無料

持ち物:空き瓶

 

以下が材料になります。
「これは家にある!」という材料については、
ご持参、寄付等していただけると大変助かります!

・凝固材(固めるテンプルのようなもの)

・クレヨン

・アロマオイル

・あぶらとり紙

・空き瓶

・カセットコンロ用ガスボンベ

・廃油

 

今回は、電池がない、懐中電灯がない、という非常時のためにキャンドルを作ります。
少しでも安全なようにびんを使いますが、
余震によって、キャンドルから火災を引き起こす危険性もあることは、お忘れなく!

 

<参加方法>

こちらより必ずお申し込みください。

 

 

<問合せ>

NPO法人 西湘をあそぶ会 原

090-2408-4434